手作り指輪の人気について についての記事一覧- ページ 2 / 3 - 手作り結婚指輪は人気

HOME » 手作り指輪の人気について

手作り指輪の人気について

ピアジェの結婚指輪

ピアジェの結婚指輪

ピアジェの結婚指輪も人気があります。
こちらはスイスのジュエリーブランドとなりますから、海外ブランドの結婚指輪の一つとなります。
ハイジュエリーも作っているブランドですから、普通のブランドやショップではなかなか見つからない最高級の結婚指輪も見つかるブランドとなっています。
もちろんお手頃な結婚指輪もありますから、いろいろな方のニーズに応えられるブランドになるでしょう。
Click≫ 『ピアジェの結婚指輪』

結婚指輪のリング4ミリの見た目

結婚指輪を選ぶ時のポイント「リング幅」

指輪の大きさによって指の印象が変わりますので、リング幅は指輪を選ぶ上でとても大事なポイントの一つです。
2mm程の幅の場合だと細くスラっとした印象に見え、3mmになると指輪の美しさが際立ち指を綺麗に見せてくれます。
3.5mm以上になると、指輪の存在感がかなり際立ってきます。
Click≫ 『結婚指輪のリング4ミリの見た目』

結婚指輪のメンテナンス

結婚指輪を100年後でも輝かせるように

結婚指輪のデザインや仕様については「トレンド」があり、時代によって形は移り変わります。しかし手作りの結婚指輪に関しては、「時代のトレンド」はありません。例え100年前に作られた結婚指輪であっても、古臭さは全く感じません。
手作りだからこそ思いも強く、結婚指輪を輝かせる要因ともなっているのでしょう。しかし結婚指輪は形あるものなので、きっちりと手入れしなければ、輝きや失われてしまいます。そこで、手作りの結婚指輪をいつでも輝かせる方法について取り上げます。
Click≫ 『結婚指輪のメンテナンス』

手作り結婚指輪は生涯保障がある

これから結婚指輪を手作りで制作したいと考えている方は生涯保障してくれるサービスのある工房を選ぶのが良いでしょう。
生涯保障とは制作し受領した指輪に関して一定以上のアフターケアやアフターメンテナンスを引き受けるといったサービスになります。
指輪は購入してから一生大事にするアイテムです。
そのためもしもの場合を想定したメンテナンスなどを行える工房の方が安心することが可能です。

もしアフターメンテナンスを行うことができなければ、他の工房や職人さんに修理を依頼することになります。
その際になるべく状態をそのままにして修理してもらっても元通りにはならない可能性があります。
また修理に関しても大きな金額が必要になることも多いです。
できれば制作してくれた時に監修や仕上げを行ってくれた工房に依頼することでしっかりとしたイメージを保ったまま修理を行うことができます。

またメンテナンスに関しても同様で、磨き上げなどの際しっかりと行ってもらえる可能性が高まります。
このように修理やメンテナンスに関しても制作してくれた工房や職人に依頼するのが確実なので、できれば製作時にこのようなサービスを提供している工房を選びたいですね。

そして、結婚指輪が破損してしまい、手作りした時の状態に戻ることがなければ作り直し、または再度手作りで制作することになります。
この場合、工房に残っているデザインデータや設計図があれば元通りに近いかたちで作ることが可能です。
もし他の工房や職人、デザイナーに依頼するとなったら前とは一緒のものが出来上がる可能性が下がってしまいます。
とてもお気に入りで生涯大事にしたい結婚指輪だからこそ、作った後、受け取った後のことを考えておくのが良いでしょう。

破損してしまいまた作り直しとなると費用もかさみます。
安価で納得のできるデザインの指輪を手作りで作るのですから、しっかりとしたアフターサービスやメンテナンスを行ってくれる工房を選択しましょう。

楽しめる結婚指輪の手作りとは

近年多くのご夫婦やカップルに注目されている手作り結婚指輪、口コミや評価が良いことでも知られています。
なぜ口コミや評価が良いのかというと制作そのものを楽しめることが大きなポイントになっているようです。
これから制作しようと考えている方にとって、結婚指輪の手作りに関してどのように行なえば楽しめるのでしょうか。

まず2人で制作するようにすることが肝心です。
ブライダルのメモリアルに大事なアイテムであるマリッジリングは1人だけのものではなく2人のものです。
そのためデザイン決めから制作まで2人で取り組むことが楽しむ秘訣です。
2人で好きなデザインを決めて、こういう宝石をつけたい、ここにお揃いの刻印を入れたいなどなど考えることってとっても楽しめるものです。

お揃いのデザインではなくとも、2人で好きなデザインを見つけたり、制作実例からこのようなのが好きと言い合うだけでもわくわくしてきます。
ブライダルへの気持ちをより高めることも可能なのです。
実際の制作の打ち合わせや実制作に関して、お2人の予定が合わないこともあり、工房へ出向くのが1人ということもありますがデザインに関しては2人で決めることが楽しむ秘訣です。

次に手作り結婚指輪の工程を体験してみることが良いでしょう。
実際に職人さんが一から制作した指輪を購入するのも良いのですが、提供されている制作作業に関してはやはり2人で体験してみるのが楽しめます。
リングの部分を制作することが多いですが、実際に指に装着する部分なので手作りすることでとても愛着が湧きます。
既製品にはない温かみを感じることができ、なおかつ生涯大切にしたいと思えるアイテムに仕上げることができます。
実際の制作に関しても職人の指示を受けながら少しずつ作り上げていくと、どんどんと形になり楽しいと感じます。
DIYや手芸趣味などが無い方でも実際に作業してみると楽しかったという感想を持たれる方も多いのです。

手作り指輪に使用できる金属の種類

手作りの指輪を作るにあたって欠かせないものは材料と工具です。
厳密にいうとデザインを正確に行うための製図や仕上げることができる技術なども必要になりますが、部材がなくては始まらないといっても過言ではないでしょう。
一般的に指輪に使用する金属は銀であるシルバーや金であるゴールド、そしてプラチナなどが一般的です。
その中でもブライダルジュエリーとして採用されるのがゴールドやプラチナになります。
結婚指輪に使われる金属の種類を知っておくことで実際に制作する際にも迷うこと無く決めることができるでしょう。

まずゴールドは外国ではブライダルジュエリーとして広く用いられる金属です。
日本でも人気がありますが、ややプラチナの方が流行しています。
ゴールドとは金であり、きらびやかで派手なイメージがありますがピンクゴールドなどは上品で可愛いイメージになっており女性の結婚指輪に選ばれることが多いです。
18金のピンクゴールドは傷もつきにくく、普段も使用しやすいことから若い方におすすめです。

一方イエローゴールドはまさに金といったイメージで力強さを感じることができます。
高級なイメージも強く、高級志向な方はもちろん男性にもお似合いの金属です。

次にプラチナは日本では一般的なブライダルジュエリーに採用されやすい金属です。
世界の採取される四分の一が日本で使用されているというくらい人気があります。
なぜ日本ではプラチナが人気があるのかというと、腐食や傷、汚れに強くなおかつ金属アレルギーなどの発生が少ないことから安全性を求める方に支持されています。
高級感もある一方で加工が難しいのですが、職人独自の技術で高いクォリティの手作り指輪も多く存在しています。
長く金属として形を維持できることから永遠に変わることのない愛を連想される方も多く、男女ともに人気がある金属となっています。

どちらを使用するのも個人の好み次第、ぜひあなたのメモリアルにふさわしい結婚指輪を手作りしてみましょう。

手作りの指輪がおすすめされる理由

ブライダルシーンにおいてなんといっても記念や思い出になることが重視される傾向にあります。
2人のこれからの門出を祝福する、あとから振り返ってみた時に最高の思い出だと感じる、そのようなものであることが望ましいとされているのです。
結婚指輪においても同じです。
どこで買ってしまったか忘れてしまうようなマリッジリングだとメモリアルとして不十分だと言えるでしょう。
手作りの指輪がおすすめされる理由を抑えておくことが肝心です。

まず手作りの指輪を制作することはライフタイムの中で貴重な体験になることが挙げられます。
普段暮らしていて指輪を制作することは、意識して選択しない限り経験することできない体験です。
指輪を手作りして制作し、それを身につけるということはとても愛着を持って大事にすることができると評判です。
そのためブライダルジュエリーである、マリッジリングなどを手作りで行うのが望ましいためおすすめされています。

次に手作りで制作することで既存の枠におさまらない自由度の高い指輪を制作することができるのです。
既製品の指輪は何処かで見たことのあるようなデザインで作られていることは多いです。
それはそのようなデザインが人気であるからです。
端的に言ってしまえば売れるものしか製造していないということになります。
しかし個人の好みは売れるものだけではありません。
本当に欲しいデザインの指輪がある場合には手作りのほうが労力をかけずに手に入れることができます。
また細かい部分まで個人の好みを反映されることも可能です。

そして結婚指輪を手作りする場合、2人の指輪は別々のデザインでも大丈夫というポイントもおすすめです。
販売されている結婚指輪の多くは一緒のデザインであることが多いですが、2人の好みに合わせた指輪を制作することができます。
デザインだけではなく金属や宝石なども好みに合わせることができるので、より2人の強い希望がある方には本当に手作りで制作することがおすすめなのです。

大切にできる手作り結婚指輪

新しいブライダルの形として結婚指輪を手作りで制作することが流行しています。
結婚指輪を手作りすることは一過性の流行ではなく、今後より根付いていくムーブメントとして注目もされています。
なぜ一過性ではないのかというと手作りすることによるメリットが大きいことや、日本のブライダルにおいて手作りすることがふさわしいことから支持されているのです。
その中でも結婚指輪を大事にできることもポイントになっています。
なぜ手作りを行うと結婚指輪を大切にすることができるのでしょうか。

まず、デザインから考えて制作することで本当にお気に入りの結婚指輪を手に入れることができるからです。
既製品などは決められたデザインなどが多く、似たようなものは他のご夫婦も装着しています。
差異化できていないと違ったものが欲しいことや、飽きてしまうという感情が芽生えてしまいます。
そうなってしまうと結婚指輪を大切にすることはできなくなってしまうでしょう。
手作りすることで本当に好みでこだわった結婚指輪を求めることができ、世界にひとつだけのリングですので大切にすることができます。

次に手作りで制作することによって独特の味わいがでることから大切にすることが可能です。
独特の味わいというものは愛着となります。
少し不格好なデザインでも、手作りで作ったものだからこそ愛おしく感じられるでしょう。
既製品には無い味わいは魅力であり、メモリアルなアイテムとしてふさわしいと言えるでしょう。

そして、カップルやご夫婦2人で制作したものだからこそ大切にすることができます。
結婚指輪とは永遠の愛を誓うものであり、2人のこれからを祝福してくれるアイテムです。
大事なアイテムを2人で制作するからこそ、お互いの気持ちを再確認でき結婚後の生活へ思いを馳せることができます。
結婚指輪も2人でデザインから制作まで行うことで大切な思い出となり、思い出のキーアイテムとなる指輪を大切にすることができるのです。

手作り結婚指輪の選び方とは?

手作りの結婚指輪を購入または制作する場合どのように選べば良いのか迷ってしまうことも多いでしょう。
実際にインターネットや雑誌などを見ても、結婚指輪の選び方やどのような基準で選択するかなどレクチャーするような内容の記事が多いです。
手作り結婚指輪を選ぶ際にはどのような方法があるのでしょうか。

まず結婚指輪であるからメモリアルなものであることが前提です。
購入や制作する際に忘れてしまいがちなのが、結婚指輪というものは2人のためのものということです。
私はこのデザインが好き、僕はこういうデザインが良いと意見が分かれてしまうこともあるでしょう。
それぞれ違うデザインのリングを選んでも良いのですが、メモリアルなアイテムとして2人が納得しているかどうかは最初にしっかりと確認しておきましょう。
あとからトラブルにならないためにもしっかりと話し合っておくことが肝心です。

次に毎日装着することを考えて選ぶ方法です。
毎日装着することを念頭において選ぶ場合、家事や炊事などで引っ掛けたり、キズがつかないようなデザインや金属を選ぶことになるでしょう。
特に女性の方は、子供や赤ちゃんに触れる機会も多いため、相手のことを考えたデザインを選択するのが良いです。
手作り結婚指輪はデザインも自由ですが、毎日装着することになるのでなるべく飽きのこないシンプルなものを採用するように触れている記事なども多いので、不安な方はそのような方法で選択してみましょう。

そしてサイズはジャストサイズのものを選ぶことが肝心です。
実際に購入する時にサイズを目測で計算して選択する方法を選ばれる方もいますが、しっかりと装着し納得してから購入するのが良いでしょう。
購入した後から急にキツく感じるようになった、むくみが取れて指輪がスカスカするなどということになった時もジャストサイズを選ぶことである程度調整することも可能です。
大きくサイズが違わない結婚指輪を選ぶことが大事と考える方も多いので、しっかりと確認しておきましょう。